妊娠中の旦那の浮気を阻止し、家庭に目を向けさせる方法

妊娠中の旦那の浮気を阻止し、家庭に目を向けさせる方法

妻の妊娠中に旦那が浮気してしまうパターンや産後に浮気するパターンがとても多いですね。妻は新しい命が生まれてくる前後、いえもうすでにお腹に宿っているときに浮気なんてとても考えられないし、生まれてくる子どものことで頭の中はいっぱいです。しかし、旦那の方はそういうわけにはいきません。

それはそうですよね、子どもを産むのは女ですから。お腹の中で子どもを育てるのも産みの苦しみを味わうのも女性、どれだけ時代が進化しようともこれだけは永久不変ですからね。自分の今までの人生で最も大きな出来事はなんですか?と聞かれて『出産』と答える妻は多いでしょうが『妻の出産』と答える夫はあまりいないでしょう。いるとしたら出産に立ち会った人なのではないかと思います。

さて、ここでは妻の妊娠中に旦那の心が一時的に離れ、浮気に走ってしまうのを阻止する方法について書いてみました。参考になれば幸いです。



 

妊娠中の旦那の浮気を阻止し、
家庭に目を向けさせる方法

 

妻が妻より母親になる


旦那の心が離れるいちばんの理由はやはりセックスができなくなることでしょう。できないわけじゃなくても断られる。断られるわけじゃないけどその気にならない、などもあるかもしれませんね。今まで自分だけの妻だったのにその妻が母親になるのが原因です。

母となった妻に対して少し距離感を感じるんです。その時に魔がさして浮気に至るパターンが多いようです。出産前は漠然と距離感だったものが産後は子どもに対する焼きもちとなって表れてくることもありますので以下のことを是非お試しください。

 

男性は父親になるのが遅い


そう、男性は父親になるのが遅いんです。女性は妊娠しお腹のふくらみや胎動とともに母親としての自覚が芽生えるのに対し男性にはその実感がないんですよね。

出産後『お子さんですよ』と赤ちゃんを渡されて初めて父親としての実感が芽生えてくる人もいるでしょうが多くはそれでもまだ父親になった実感がわかない、という人の方が大半なのではないでしょうか。妻の妊娠中に既に父親になれている人、父親としての責任を感じる人は浮気、しませんよね。

 

胎動を感じさせてあげよう


妊娠中から父親としての実感を感じさせてあげるのが一番です。どこで感じるのか、そう五感です。視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚ですね。中でも一番は胎動を感じさせてあげることでしょう。これは触覚、よりも体性感覚といったほうがピンとくるような気がします。妻も胎動を感じるのはとてもうれしいものですが旦那にもたくさん感じてもらいましょう。

実際、妊娠中に父親としての実感を感じたという数少ない男性の中でもこの胎動を感じたときが断然トップです。胎動を感じさせてあげつつ『あなたの子どもだよ』『あなたのようなやさしい人になるといいな』等さりげなく父親としての自覚を促す言葉を添えてあげるのがいいですね。

 

産婦人科や父親母親教室へ一緒に行こう


産婦人科に一緒に行ってもらいましょう。毎回一緒に行くのが一番ですが無理ならせめて2~3回に一度は一緒に行きましょう。赤ちゃんの心音を聞かせてもらったり超音波で写真を見せてもらえば父親としての自覚も促されることでしょう。

できればお産にも立ち会ってもらえればいいと思います。また病院や自治体で父親教室母親教室などがあれば積極的に参加しましょう。そういうところに参加してもらえるようにうまく話をもっていけたらいいですね。

 

お姑さんに旦那が生まれたときの話を聞きに行こう


もしも逆効果になりそうなお姑さんのときにはここはスルーしてください。そんな時には是非実家のお母さんの話を一緒に聞きにいきましょう。子どもを産んで育てた同じ経験者です。大変な思いもたくさんしていることでしょう。

特に核家族でやってきたお姑さんかお母さんならばいかに旦那の協力が大切かを力説してくれることでしょう。実家が遠くていけないというときは以下の人のところへ一緒に行ってほしいと思います。

 

出産と育児の大変さを経験者に聞きに行こう


旦那たちは仕事が大変だと言います。仕事で疲れているといいます。しかし、出産と育児の大変さをそれに比べることはできません。何故ならば人ひとりの将来がかかっているからです。会社では代わりの人はいくらでもいますが家庭では一人もいません。そこのところ旦那にわかってもらうため経験者に聞きにいきましょう。

仕事ができて人望もある人って夫婦仲や家族の関係も良い人が多いです。育児も積極的にやってきた人が多いといいます。そんな人に会いにいきましょう。また一足先に親になった友達や兄弟のところでもいいですね。もちろん悪影響を与えられそうな所は避けてくださいね。

 

生まれた後はいっぱいオムツを変えてもらおう


男性の場合、我が子とはいえ自分が産むわけではないので客観的にしか子どもを見れません。それが主観に変わるのは積極的に子どもと触れ合ったかどうかにかかっていると言っていいでしょう。生まれて数か月の間は寝ていることの多い赤ちゃんですがその間旦那ができることでいちばんハードルが低いのがオムツ交換です。

オムツを一回でも多く取り替えてもらいましょう。仕事が休みの日には積極的に抱いてもらい沐浴もしてもらいましょう。手をかければかけるほど赤ちゃんに対する愛情が育っていくはずです。

 

いかがでしたか。

昔はお産といえば男子禁制で育児も主に女性がするものでした。それはそれでよかったんです、役割がちゃんと決まっていたし大家族で育児にも協力者が何人もいましたから。しかし今は核家族がメインで役割も決まっていません、しかも夫婦二人しかいません。

旦那が仕事に行っている間は日中ママと赤ちゃんと二人だけで過ごすことが多いんです。もし、新米パパがこの記事を読んでくれているのなら是非そんな家族を大切にしてあげてくださいね。人間だから魔がさすこともあるでしょうが浮気はだめですよ。

 

まとめ

妊娠中の旦那の浮気を阻止し、家庭に目を向けさせる方法

・妻が妻より母親になる
・男性は父親になるのが遅い
・胎動を感じさせてあげよう
・産婦人科や父親母親教室へ一緒に行こう
・お姑さんに旦那が生まれたときの話を聞きに行こう
・出産と育児の大変さを経験者に聞きに行こう
・生まれた後はいっぱいオムツを変えてもらおう



Speak Your Mind