部屋が汚い・片付かない!そんな悩みを解決する生活習慣

Pocket

部屋が汚い・片付かない!そんな悩みを解決する生活習慣

いつもは見て見ぬふりをしているのにふとした瞬間に部屋が散らかっていて汚いことに気づき、ため息が出てしまう・・なんてことありますよね。

掃除する気はあるけれど、なかなかまとまった時間が取れずに今日もまた一日が終わってしまった・・・という方や片付けるのが苦手だから仕方ないとあきらめている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

部屋が汚くなってしまう原因は一つだけ、モノがあるからです。何も置いてなければ散らかることはありません。でも生活している以上、モノが増えるのは仕方のないこと。

服・雑誌・新聞・書類・ゴミ等などが散乱している部屋、今日こそきれいに片付けよう、と思ってみてもなかなかやる気が出ない。



特に毎日働いて帰ってきた後は、ご飯の支度だけで手一杯って感じですよね。休日に掃除しようと思っていても、掃除以外の家事や家族との外出を楽しみたい・・・

そう、掃除には時間がかかると分かっているからこそ、辛く面倒なものと感じてしまうのです。それならば時間がかからない掃除をすればいいんです。一日にわずか10分、それも細切れでも毎日すればきれいになるんですよ。

そこで、まとまった時間ではなく、毎日の生活習慣にほんの少し掃除をする時間をプラスして汚い部屋をきれいにする方法をお伝えします。

 

部屋が汚い・片付かない!
そんな悩みを解決する生活習慣

 

歯磨きしながら3分間、必要なモノは指定の場所へ、ごみはゴミ箱へ


朝起きてすぐに歯磨きをする人は多いですよね。歯磨きをしながら目についた明らかにいらないものはゴミ箱へ捨ててしまいましょう。

また、必要なものは殆ど置き場所が決まっているはず、手軽に元へ戻せるものはさっさと定位置に戻してしまいましょう。たった3分、でもそれだけでもだいぶ片付いたと思えるはず。

完璧を求めたら長続きしませんのでとりあえずはすぐにできるものだけ捨てるか戻すをやってください。

 

洗濯機を回しながら掃除機をかける


朝、洗濯をするご家庭も多いですよね。朝はみんな忙しいので洗濯機を回しながら、食事の支度をしたり、化粧をする人もいると思いますがそのときに3~5分程プラスして掃除機もかけてしまいましょう。

掃除機はモノがたくさん散らかっているとかける気がしないものですが、少し片付いていればかける気になりますよ。

出し入れがめんどくさいときには部屋の片隅にでも置いておけるハンディタイプの掃除機をこの際思い切って購入してみてもいいかも。

また、朝早い時間なので掃除機はちょっと、という人はウェットシートなどを挟み込んでさっとひと拭きするタイプのものを使いましょう。



 

朝食の前にテーブルの上を片付ける


テーブルの上にいろんなものが置いてありませんか。そんなときは食事をテーブルに運ぶ前にさっとテーブルの上を片付けちゃいましょう。

とりあえず、横の棚の上にでも置いておこうと思ったら後でまた片付けるという手間が出てきますので定位置に戻してください。

脱ぎっぱなしの服は脱衣所に、新聞や雑誌はラックに、書類や郵便物は家族のそれぞれの持ち主の元に。テーブルの上は食事時以外何もないとすっきりしますよ。

さて、朝のわずかな時間でこのくらい片付けておけばきっと一日気分よく過ごせるはず。仕事から帰ってきて、また用事で出かけて帰ってきたときに部屋が片付いていれば帰ってきてうんざりすることもなくなります。

 

時間を置かずに後片付けを


洗濯物を取り込んだ後、晩御飯の準備の時、食べ終わった後などすぐに片付ける習慣をつけましょう。後でやろうと思えば思うほど面倒くさくなってしまいます。

あまりにも量が多すぎるときはとりあえず半分だけ片付けよう、でもOK。半分やってしまえば全部終わらせたくなります。全く手をつけないとやりたくなくなってしまうのでとにかく1分だけでもいいので片付けるのがおススメです。

 

収納グッズは必要なものだけを購入する


今や100円ショップにもかわいい収納グッズがたくさん売られています。うまく片付けに使う分には大いに活用したいところですが、必要なモノ以外は買わないように買うものをちゃんと決めてから行きましょう。

便利そうと思ってあれもこれも買ってしまうとモノが増えて結局また散らかってしまった、ということにもなりかねません。

100円で購入したものなのでいらなくなったら捨てればいいと考えてしまいますが、それよりも少し値がはるものを選んで購入したほうが計画的に収納もするし、きれいに片付けようと思うのではないでしょうか。無駄も減りますよ。

また、いるのかいらないのかわからないモノもありますよね。そんなモノたちはひとまずまとめて収納ボックスや段ボールに入れておいて後で片付けることもあるかと思いますがそれらは時間があるときに片付けられるよう目の届くところに置いておきましょう。

ずっとそのままになってしまうこともあるのでクローゼットや押し入れの中にしまうのはお勧めしません。あ、でもずっと使わなければいらないものなので処分してしまえばいいかもしれませんね。

 

いかがでしたか。

気合を入れて汚い部屋を掃除しようと思ってもなかなかやる気がおきませんが、毎日少しずつならできそうですよね。片付けを習慣にする秘訣はやる気も何もなくても毎日必ずやっている生活習慣とセットでやること。

歯磨きやお風呂、食事などの前後にほんの数分片付けの時間をプラスする、と決めて実行するだけ。ぜひやってみてくださいね、習慣になると散らかっているのがいやになりますよ。

また旦那さんやお子さんなどがいる人は家族にも協力してもらってくださいね。案外、部屋が片付いていれば無造作に脱ぎっぱなしにしたり、やりっぱなしにしたりが減ってくるかもしれませんよ。

 



Pocket

Speak Your Mind