隣人、ママ友など人付き合いが面倒な人へ伝えるヒント☆

 隣人、ママ友など人付き合いが面倒な人へ伝えるヒント☆

社会の中で生きる上で、避けて通れない人付き合い。インターネット上のSNSなどでは積極的にコミュニケーションがとれていても、隣り近所やママ友などとの付き合いは面倒で苦手だという人も多いのではないでしょうか。そんな人のために、面倒な人付き合いを上手に乗り切るヒントをご紹介します。



隣人やママ友が面倒だと感じる理由

人との付き合いが面倒だ、できれば付き合いたくない。そんな風に思って人間関係を避けようとする人は多いですが、そういう人は、なぜそんなに人付き合いが嫌なのでしょうか?その答えは、簡単に言えば、相手に興味が無いからです。

もしも相手が自分にとって魅力的な存在だったとしたら、やはり接する態度も変わってくるでしょう。これからも長く付き合っていきたいという積極的な気持ちが湧いてきますから、一緒にいられる時間に幸福感を感じることができます。

でも、隣人やママ友に対してそういった気持ちになることは、なかなか無いですよね。それはもちろん、相手に問題があるわけではなく、人は自分に対して有益な存在にそう簡単に出会えるわけではないからです。

1人の人が抱える人間関係の人数の中で、自分から積極的に付き合いたいと思える人の割合は、かなり少ないものです。もしかすると、そういった人には未だに出会えていないと感じている人もいるかも知れません。それを踏まえると、自分が面倒だと感じている相手にとって、自分もまた面倒な存在であるかも知れないということが分かります。

 

人間関係をいったん整理しよう

無意識のうちに人間関係が広がりすぎて把握できなくなってしまったり、興味の無い人とも気軽に仲良くしてしまったがために、思いがけない人間関係のトラブルに巻き込まれてしまったという経験はありませんか?親しい友人だけとなら楽しく過ごせていたはずが、あちこちに知り合いが増えたことで気楽に人付き合いができなくなり、次第に面倒になってしまうこともよくあります。

こうした人付き合いの面倒さを回避するためには、自分の属している人間関係の輪を広げすぎないというのも大切なことです。ただ、いったん付き合い始めた人との関係を無かったことにすることは難しいので、そういう場合には、自分の中で人間関係を整理してみることがオススメです。

まず、今現在付き合いのある人をリストアップし、その人とはどういう関係なのかを考えます。例えば、子供の学校や習い事のママ友であれば、多少苦手な人でも子供が成長すれば接点も少なくなるので、この数年だけと割り切って付き合うことが出来ます。

また、万が一トラブルになっても、子供が幼稚園や小学校中学校を卒業した時点で関係をリセットすることが出来ますから、その分悩みを少なくできるかも知れません。

でも、隣近所の人や町内会などで付き合いがある人だと、自分がその住所に住んでいるかぎりは、ずっと付き合っていかなくてはいけない相手です。特に持ち家の場合は、生涯にわたって接点を持ち続ける人たちになりますから、付き合い方に気を付けなくてはいけないのは言うまでもありません。

人付き合いが面倒だと感じるきっかけには、「この人とどう付き合えば良いのか分からない」という気持ちが隠れている場合もよくあります。ですから、人間関係を整理してきちんと分類することで、相手に合わせた適切な付き合い方が自然に身に付き、自分自身の心の負担を減らすことにも繋がります。

 

自慢は絶対にNG!

隣人やママ友との付き合いを面倒だと感じている人の中には、過去に人付き合いでトラブルを経験したり、自分に対しての陰口を耳にしたり、また、根も葉もない噂を立てられたことがあるという人も多いです。

自分では仲良くしていると感じていた人達が、知らない所で自分を悪く言っていたとしたら…。言われた人はとても傷付きますし、人付き合いがつらくなるきっかけになることも大いに考えられます。ただ、人間関係の中での些細なトラブルや真意不明の噂話は日常的に行なわれていることで、残念ながら、完全にゼロにすることは出来ません。

それでも、トラブルを回避したいと思ったら、出来るだけ妬まれないように気を付けることが大切です。特に女性の場合には、自分より相手が上位にいると感じた時に、怒りや憎しみの感情がわいてしまうこともあるようです。

人付き合いの中では常に妬まれないように気をつけて、仮に良いことがあっても、軽はずみに口に出さないようにしましょう。特に、子供の受験の話題や、長期休暇の海外旅行の予定など、自慢になりそうなことは向こうから聞かれないかぎり話題に出さない方が無難です。

 

人間関係をわずらわしく感じ、人付き合いは面倒だと思っている人はかなりたくさんいるることでしょう。でも、誰にも会わずに生きていくことは不可能で、生きているかぎりは好きな人とも嫌いな人とも付き合っていかなければいけないのです。

人付き合いの輪を広げすぎずに整理して、相手に合わせた適切な付き合い方を身に付けることで、面倒だと思う気持ちを少しでも軽くできれば良いですね。

 



Speak Your Mind