一人っ子、女の子の育て方

一人っ子、女の子の育て方

一人っ子より兄弟や姉妹がいた方が子どもは幸せ…。そう思って、2人以上子どもを作りたいと考えている夫婦は多いですよね。でも、一人っ子でも楽しく子育てすることはできますし、一人っ子だからといって子供の成長にマイナスの影響があるとは限りません。今回は、一人っ子の女の子の育て方についてご紹介します。



 

「一人っ子」のマイナスイメージを持たせない

一人っ子だと子どもが可哀相だと考えているご両親は、一人っ子=寂しいというイメージがあるようです。一人っ子は本当に寂しいのでしょうか?

一人っ子が寂しいと感じている人に理由を聞くと、「自分も兄弟で育ったから、子どもにも兄弟を作ってあげたい」という言葉をよく聞きます。確かに、兄弟で賑やかに生活していた子どもが急に1人になったら寂しいですよね。

でも、元々1人で育っている子どもにとっては、今が普通の状態ですから、そこに「寂しい」という感情はあまり持っていません。逆に、兄弟がいるとパパやママを取られる気がして嫌だという子どももたくさんいます。ですから、子供自身が一人っ子であることを寂しいと感じることはあまりないのです。

ただ、友達に兄弟がいるのを見て「羨ましい」と感じたり、周囲から「一人だと寂しいよね?」などと言われて、感化されて寂しく感じることはあるようです。

一人っ子であることを自分では気にしていなくても、人に言われて「寂しい」と思い込んでしまうこともあります。一人っ子でも兄弟がいても、家族が子どもを大切に思う気持ちが変わらないように、子どもも大人が思うほど一人っ子であることを負担には思っていません。子どもの前で「一人っ子」ということを、あまり大げさにしないように気をつけてあげましょう。

 

たくさんの人と関わる機会を作る

一人っ子の子どもは、どうしてもパパやママとばかり一緒にいることになりますので、行動や考え方がパターン化してしまいます。家の中ではそれで大丈夫でも、いざ幼稚園や小学校で集団生活が始まった時に、これまでに経験したことのない他者との関わりにうまく馴染めなかったり、つらいと感じてしまう子どももたくさんいます。

ですから、一人っ子は幼い頃からできるだけ家族以外の人と関わりを持たせて、集団生活が始まる前に他者にたいしての理解をある程度植えつけておきましょう。

一人っ子の子どもを他の子どもと触れ合わせるためには、2歳頃から通える幼稚園のプレスクールや、スイミングやリトミックなどの習い事、地域の公民館などで行なわれる子育てイベントに参加するのも良いですね。静かなお家の中から外に出て、同じくらいの年頃の子どもが走り回ったり泣いたり笑ったりしている姿を見るだけでも、子どもは社会経験を積み重ねることができます。

子どもとのふれあいの他にも、普段からおじいちゃんおばあちゃんと会う機会を増やして、たまには預けておく時間も作っておけば、ママだけに執着することを防ぐこともできますよ。

 

優しさを引き出してあげる

女の子には本能的に優しさが備わっていて、兄弟姉妹がいれば、自然に相手を思いやった行動をとるようになります。しかし、一人っ子は、家庭の中で自分以外はみんな大人ですから、常に受け身の生活になってしまい、誰かに優しくするという習慣がつきにくい場合もあります。

一人っ子の女の子の優しさを引き出すためには、少しお母さんが手を抜いて家事を手伝ってもらったり、お父さんの仕事の大変さを話して聞かせるなど、家族の一員として家族について考えさせる時間を作ることが大切です。

子ども同士であれば、兄弟が困っている状況に反応するという形で自然に思いやりの心が芽生えますが、一人っ子の場合は「自分が誰かの役に立つ」という実感が持ちにくいため、周囲の大人が優しさを引き出してあげる必要があるのです。

 

一人っ子といえばかわいそうと言われたり、自己中心的で協調性に欠ける、と言われたりします。しかし、決してそんなことはありません。一人っ子でも思いやりのある優しい子供はたくさんいますし、逆に兄弟がいてもわがままな子供もたくさんいます。

言っている人はただ自分の思い込みで言っているだけなので気にする必要は全くありません。子供は親の言うことは聞かないものですがやっている姿は良く見ています。思いやりのある優しい子供に育ってほしい、と思うなら親が行動で示せばいいだけのこと。子供は親の鏡ですからね。夫婦仲良く愛情たっぷりで育ててあげてくださいね。

 



Speak Your Mind