夫婦喧嘩を子供に見られた!与える影響とその後のフォロー

夫婦喧嘩を子供に見られた!与える影響とその後のフォロー

夫婦喧嘩で激しい言い合いになってしまったときに、子供が見ていて空気が凍り付いたなんていう経験はありませんか?気持ちに任せてキツイ言い方をしてしまった、派手な喧嘩になってしまった、など夫婦喧嘩の理由は些細なことから重たい内容までさまざまですよね。

お互いヒートアップしていて勢いが止められず子供の存在を感じられなかったのかもしれません。けれど子供に見られるのはよくありません。特にメンタル面が心配になります。夫婦喧嘩を子供に見られて悪影響が出そうだと心配になっている方へ、フォローのしかたをまとめてみました。ぜひ夫婦で考えてみてください。



 

夫婦喧嘩を子供に見られた!
与える影響とその後のフォロー

 

恐怖心や緊張を覚えてしまった子供にはとにかくすぐに抱きしめて安心させる


子供が見ていないからと思って激しく喧嘩していると、その様子を見てしまった子供はものすごい恐怖を覚えてしまいます。まだ幼い子供は、自分が悪かったからお父さんお母さんが喧嘩しちゃってるのかな・・などと感じてしまうのです。

両親の不仲は子供にとって悲しいもの。夫婦喧嘩をしょっちゅう見る子供は自分に自信が持てなくて、どこかおびえたように見える子供になってしまいます。そこで夫婦喧嘩を子供に見られたときはすぐに子供を抱きしめてあげて、安心させてあげましょう。

「怖かった?」「ごめんね」と言ってあげると落ち着きますよ。夫婦喧嘩でお互いヒートアップしているかと思いますが、ここは子供のフォローを最優先してくださいね。

 

不安な気持ちにさせてしまったら、次の休日は家族全員でお出かけする


普段は仲のいいお父さんとお母さんが喧嘩しているところを見てしまったら、子供はすごく不安な気持ちになってしまいますよね。そんなときは、次のお休みに家族全員で楽しいお出かけを計画しましょう。子供と一緒に計画を立ててもいいですね。

いつもより遠出して家族で過ごす時間を増やしてみてください。そうすることで、喧嘩を見てしまったこともすっかり忘れて楽しい思い出をつくることができます。忙しいとは思いますが、なるべく早く実行してくださいね。その方が子供は嫌な気持ちをすぐに忘れることができますよ。

 

いい夫婦喧嘩をするようにして、言い争いはなるべく避ける


喧嘩は悪いばかりではありませんよね。お互いの意見を出し合って譲れるところは譲り合う。一緒に暮らしていく上で「喧嘩」まではいかなくても話し合いは大事です。そこで、今後の喧嘩は派手にならないように夫婦で気を付けてみませんか。

喧嘩はエネルギーをたくさん使います。喧嘩になる前に、夫婦で話し合って喧嘩になりにくい仕組みをつくっておくことを試してみてください。たとえば口で言い合いすると売り言葉に買い言葉になってしまいがち。

そこで、言いたいことをメールで短く伝えることにするとか、手紙に気持ちを書き合うなど、夫婦の性格に合った方法を探してみましょう。その様子を見た子供は、こんな解決方法もあるんだなって勉強になるかも。お友達と喧嘩になったときに役に立ちそうです。

 

夫婦喧嘩を子供に見られたら、メンタル面の影響を考えてすぐにフォローしてあげてくださいね。お互いの価値観の違いから夫婦喧嘩をするのはよくあること。夫婦喧嘩そのものは決して悪いことばかりではないので、喧嘩の結果、夫婦円満になれたり絆が深まったりするのは子供にとってもいいことですよね。

大切なのはもし見られてしまったら、怖かった気持ちをすぐにリセットしてあげること。そしてこれからは激しい夫婦喧嘩ではなく、よい夫婦喧嘩を目指してみてください。子供も両親の仲が良いとのびのびと成長してくれそうですよね。子供のためにも、夫婦で成長していきましょう。

 

まとめ

夫婦喧嘩を見られた後の子供へのフォロー

・恐怖心や緊張を覚えてしまった子供にはとにかくすぐに抱きしめて安心させる
・不安な気持ちにさせてしまったら、次の休日は家族全員でお出かけする
・いい夫婦喧嘩をするようにして、言い争いはなるべく避ける

 


Speak Your Mind