幼児の反抗期に対応する、育児ストレスを乗り切る方法

幼児の反抗期に対応する、育児ストレスを乗り切る方法

子供が2歳前後になると、食事のとき、着替えのとき、お風呂のとき・・出てくる言葉は「いや!」「だめ!」のオンパレード。ほかにも、出かける前に靴下と靴を履くのに30分以上かかったり…こんなとき、すごくイライラしちゃいますよね。

毎日世話をしている母親にとっては、この時期はストレスでいっぱいになります。この時期の子供は、「第一次反抗期」「魔の2歳児」なんて言われたりするくらいとても手ごわいもの。母親にとっては育児ストレスがたまってくる頃です。

本当はかわいい盛りの子供でもぜんぜんかわいく思えないときがある・・なんてお悩みのママたち。親子でぶつかりがちな反抗期にどう対応すればいいでしょうか?そこで今回は、上手にストレスを乗り切る方法をご紹介します。



 

幼児の反抗期に対応する、
育児ストレスを乗り切る方法

 

「自分でやりたい!」という子供の気持ちを理解してあげましょう


幼児は自分の思いを上手に伝えることができないもの。そこで母親ができることは、子供の気持ちを否定せず、わかろうとしてあげることです。たとえば、まだうまくできないのに自分で靴を履きたがり、手伝おうものなら泣いていやがる、なんてことありますよね。

こんなときは手を出したいのをぐっと我慢して、少しでもできたら左右反対になっていても、とにかくほめてあげましょう。服の前後が反対だったとしても、「自分でできたね!」っていっぱいほめましょう。お母さんが自分の気持ちを理解しようとしてくれた!と子供が感じられると、だんだんと反抗期も落ち着いてきますよ。

 

時間に余裕をもって行動してみましょう


急いでいるとき、たとえば外出前とか夕食づくりの時にイヤ!って言われると時間も押してきて気持ちが焦ってしまいますよね。中にはお仕事を持っているお母さんもいらっしゃると思います。時間の余裕がない朝に子供のイヤイヤに付き合うのは本当に大変なこと。そんなときって子供に対してイライラしちゃって怒りが倍増しますよね。

そんな事態を乗り切るために、時間に少し余裕をもってみましょう。すると、イヤ!と言われても「まだ時間があるから大丈夫」と思えて子供にやさしくなれます。時間の余裕は気持ちの余裕、出かける支度に10分多くかけてみる、食事はオーブン料理や保温調理など目を離していてもつくれるメニューを増やしてみるなどで対応してみてください。

 

公共の場所でのイヤイヤにはおもちゃやおやつで乗り切りましょう


中には、公共の場所に子供連れで行ったときにイヤイヤされて、周りのひんしゅくを買った、なんていうお母さんもいるかもしれませんね。特に通勤時間帯の電車内はピリピリしているもの。子連れで電車に乗らないといけなくなったときは、おもちゃとおやつを持参しましょう。

音が出ないおもちゃ、折り紙や塗り絵やシールとか。おやつなら、食べこぼしが出にくいラムネや小さなクッキーなど。ぐずり始めて周りの人の目が気になってきてもう限界!というところでさっと出しましょう。するとご機嫌になってくれて目的地まで無事に行けると思いますのでぜひ試してみてください。

 

母親も時には子供から離れてストレスを減らしましょう


反抗期の育児ストレスは相当なものです。外で働いている夫のほうがラクかもしれませんよね。一人の人間を大人にするために、母親は毎日毎日大仕事をしているようなものです。そんな苦労を夫にも身をもって知ってもらいたいもの。

そこで、たまには夫に子供を1日見てもらい、お出かけしましょう。日ごろは絶対に行けない場所に出かけて、ストレスを発散してきてください。夫婦で育児の苦労を共有することってすごく大切。妻だけが大変に感じていると夫婦仲がギクシャクしてしまいがちです。夫婦で協力して、上手に育児ストレスを乗り切っていきましょう。

 

反抗期はいずれなくなるものだと思って気長に接してみましょう


今、子供は反抗期真っ只中で大変ですが、幼稚園などに入るとちゃんと社会性を身に付けてくれるものです。今のままで集団生活やっていけるのだろうか?と心配になるかもしれませんが、大丈夫ですよ。成長するにつれ、相手のことを考えることができるようになります。

だから、今の時点で言うことをきかないからと言って、しつけのつもりで厳しく言ったりたたいたりは絶対にしないでくださいね。一方で、危ないことや絶対したらいけないことをしたときだけ、子供をしっかり抱いて言い聞かせてあげてください。

 

子供だって、理由もなく反抗しているわけではなくて、「こうしたい!」という気持ちがあるのです。小さい子供にも一人前のプライドがあるんだとわかれば、何だかかわいく思えてきませんか?さんざんわめいたあとで、疲れて寝てしまった寝顔を見るとまた頑張ろう!なんて思えそうですよね。

世界的にも「魔の2歳児」という言葉があるくらい、あって当然の時期です。世界中のお母さんが同じように感じているとわかると、なんだか少しほっとできるのではないでしょうか。反抗期は成長とともに落ち着いていくものです。毎日とても大変ですが、いろんな方法で育児ストレスを乗り切っていってくださいね。

 

まとめ

子供の反抗期には

・「自分でやりたい!」という子供の気持ちを理解してあげましょう
・時間に余裕をもって行動してみましょう
・公共の場所でのイヤイヤにはおもちゃやおやつで乗り切りましょう
・母親も時には子供から離れてストレスを減らしましょう
・反抗期はいずれなくなるものだと思って気長に接してみましょう

 


Speak Your Mind