いじめられる夢を見た子供の不安に寄り添う親の対応のヒント

いじめられる夢を見た子供の不安に寄り添う親の対応のヒント

あなたはよく夢を見ますか?私はほとんど見ません、いや、それは違うかもしれません、夢は見ているけれど朝起きたときには全部忘れている、と言った方がいいのかもしれません。実際、人は毎日皆多くの夢を見ているらしいですから。

夢占いや夢診断など夢の解釈の仕方はいろいろありますね。予知夢と呼ばれるものや夢からの暗示、隠されたメッセージ、また夢はその人の心の状態をも表すともいわれていますがあなたはどう思いますか?

その夢の解釈が正しいかどうか私には判断することができません、それは全部その夢を見た当人が決めればいいと思っています。自分に都合のよい解釈をして構わないと思うのです。では、子供の夢はどうなんでしょう?

子どもって大人よりずっと多くの夢を朝起きたときに記憶しています。子どもの頃って怖い夢もたくさん見ますね。そんな夢の中から今回は『いじめられる夢』を見た、と子どもが教えてくれた時の対応について書いてみます。



 

いじめられる夢を見た子供の
不安に寄り添う親の対応のヒント

 

子供が同じ夢を何度も見る理由


大人と子供では夢診断の持つ意味は違うと言われています。夢は大脳の活動の一つです。まず何らかの刺激があって(外的・内的・心理的なもの)それを脳が認識(勝手に解釈)して夢となって表れると考えられています。

脳が認識してその人の過去の記憶と結びつけてイメージとなって表れることが多いのですがこの過去の記憶が大人より圧倒的に少ないのが子どもが何度も同じ夢をみる理由なのではないかと思います。人生経験の差、ですね。

大人であれば子どもの頃のトラウマや現在の人間関係の悩みなどが原因で『いじめられる夢』をよく見ますが子どもにはまだトラウマもなければ付き合う人の数も限られていますからね。

 

子どもがいじめられる夢を見たときの意味


子どもが『いじめられる夢』を見るのは日常生活において実際にいじめられた、または本人がそう受け取った、友達とケンカした、ケンカじゃないけど友達との関係でちょっとしこりがある、などのときに見るようです。

大人や親に怒られたり、相手をしてもらえなかったときにも見るかもしれませんね。もちろん、そうでない場合もあるでしょうがその日の出来事や前日、前々日など近い日の出来事が『いじめられる夢』の原因となっているようです。

 

共感してあげる


いじめられる夢を話しているときは悲しい気分になっていることでしょう。親はその気持ちに共感してあげることです。決して責めたり無理に聞き出そうとはしないでください。ただの夢なのに責められたらたまったものではありません。

また親はそんな夢を見てしまった原因をあれこれ聞きたくなるものですが子どもが自分から話してくれるならともかく聞き出そうとすることは感心しません。子どもがなんとかしてほしい、と親にヘルプを求めたときには親身になってそれに応えてほしいと思いますがまずは共感してあげるのが一番です。

 

寝る前に安心させてあげる


その日の不安や寝る前の不安が『いじめられる夢』となって表れますので安心して眠りにつけるようにしてあげることも大切です。楽しい絵本を読んであげたりお話を聞かせてあげるといいですね。おススメは創作童話です。

大した内容でなくてもいいんです、子供を主人公にして子どもが活躍するような話や子どもの好きなこと、興味のあることをお話にしちゃえばいいんです。わくわく楽しい気分になるような話をしてあげてください。『続きはあしたね』と言って話を切り上げて眠らせると夢の中でもその話が出てきて楽しく眠れるかもしれませんよ。

 

普段からピンチの時はいつでも守ってあげると伝える


子どもにいちばん伝えてあげたいのが安心感です。例え実際にいじめられていたとしても絶対に守ってくれる人がいるというのは子どもにとってとても心強いものです。そんな安心感を普段から与えてあげて欲しいと思います。

しつけと称して子どもの甘えを受け止めない親もいますが十分親に甘えられた子どもは問題児には決してなりません。ピンチの時はいつでも守ってあげると伝えてあげてください。いつでも味方であると伝えてあげてください。

 

子どもの話を受け止める


子どもの話には要領を得ないことが多々あります。そんなときにもっとわかりやすく話なさいと言ったりこういうことに違いない、と親が勝手に解釈したり判断したりしますがそんなものは必要ありません。

ただ子どもの話を受け止めることです。受け止めてあげればそれだけで子どもは安心するものです。子どもの夢に出てきたいじめた子に対しても判断するのは感心しません。我が子のそのいじめた子に対する気持ちを尊重しましょう。

 

中学生以降


小学校も高学年や中学生以上ともなればいじめられた夢を見たからといっていちいち親に話したりはしませんよね。しかし、そのころの子どもたちもいじめられる夢はよく見るようです。

上記に書いたように出来事が夢になって表れる場合もありますがそれ以外にこのころの特徴としてメールやLine、ブログやインターネットの掲示板なども大きな影響を与えます。

中学生になるとスマホ対策もいろいろ言われ出しますが家庭の中でも使用上の注意など話し合うことをおすすめします。スマホ、携帯代を払っているのは親ですからね。お互いに納得のいく話し合いができるといいですね。

 

いかがでしたか。

いじめられた夢を見た、と子どもが話してくれて実際にもいじめにあっていることに気づき、夫婦で協力してどうしたら一番子供にとっていいのかを考えて学校の教師に伝えるなどの対応をした結果、解決したという例もあります。

たかが夢、されど夢、その後も「いじめられる夢」が続くかどうかは親の対応が鍵とも言えます。子どもがいじめられた夢のことを親に話したのを後悔するようであればその夢は今度も続くでしょう。

基本的には受け止めてあげるだけで十分です。後は『うちっていいな』と子どもが思えるような家庭であればそれで十分なのではないでしょうか。

 

まとめ

いじめられる夢を見た子供の不安に寄り添う親の対応のヒント

・子供が同じ夢を何度も見る理由
・子どもがいじめられる夢を見たときの意味
・共感してあげる
・寝る前に安心させてあげる
・普段からピンチの時はいつでも守ってあげると伝える
・子どもの話を受け止める
・中学生以降はネット対策を!



Speak Your Mind