子育てに失敗したと思ったら?今からでも間に合う5つの対応

子育てに失敗したと思ったら?今からでも間に合う5つの対応

自分の子供の行動を見ていて、子育て失敗しちゃったな・・と感じてしまったことはありませんか?厳しくしつけたつもりなのにぜんぜん身についていなかったりすると、今までしてきた子育てが全否定された気持ちになったりしてつらいですよね。

でも大丈夫。なぜなら子育てはいつからだってやり直せるものだからです。子供にも個性があるので、思い通りに育っていなくて当然!だから今まで一生懸命やってきた子育てに自信を持ってくださいね。今からでも間に合う対応策をみていきましょう。



 

子育てに失敗したと思ったら?
今からでも間に合う5つの対応

 

失敗なんて思わずに子供をしっかり認めてあげる


まずは子供をしっかり認めてあげませんか?「いい子」に育てるばかりが子育てではありませんよね。子供の行動を見ていつも怒ってばかりだと子供だって傷ついているかもしれません。

しかも、母親から「子育て失敗しちゃった子」なんて思われていると悲しくて仕方ないはずです。子供が親の思い通りになってくれないことは誰でもあります。なので少し気持ちを楽にしてみませんか。

「大好きだよ」「あなたのままで大丈夫」と子供に言ってあげましょう。母親に認めてもらえたうれしさから、あなたの気持ちが伝わって言うことを聞いてくれるようになるかもしれません。

 

子育てをがんばっている自分をほめてみる


子育てに失敗したかな?と思うってことは、子育てをがんばってきたからこそ感じるものですよね。きちんとしつけをしようと思って子育てしてきたつもりなのに、子供の行動と自分の子育てにズレを見つけてしまうと失敗したと思ってしまいがち。

でもそれは一生懸命に子育てをがんばった証拠です。がんばっている自分をほめてあげましょう。母親に気持ちの余裕ができると子育てもうまくいくはずです。

 

これまで子供に言い過ぎていたなら素直に謝ってみる


今までの子育てで、子供に厳しくしすぎていたなと感じている人もいらっしゃると思います。そんな場合は、子供に素直に謝ってみてはどうでしょうか。子供に謝るなんて無理!と思うかもしれません。でも親子であっても人対人には変わりありませんよね。

今まで悪かったなと思うなら、子供に謝ってみましょう。子供は母親のことが大好きです。かならず笑顔で許してくれるはずです。そこからまた新たな子育てを始めてみてください。信頼関係ができていっそう親子の絆が深まるはずです。

 

子供の個性を尊重した子育てを心がけてみる


すごく行動的な子供に対して、おりこうにするように厳しく言った経験はありませんか?それだと活発な個性を押さえつけてしまいます。また、一人で静かに遊ぶのが好きなマイペースな子供に、みんなと遊ぶように強く言った経験はありませんか?

マイペースな性格でもすごい集中力を備えていたりするもの。子供の個性を尊重しながら子育てしていくことが大切です。親は見守っているだけ、くらいの子育てがちょうどいいですよ。

 



母親だけで子育てしようと思わないで、みんなの手をかりて子育てする


いい子に育てようとして、母親だけが厳しく子育てするとどこかで必ずつまづきます。子育てに失敗したと思ったなら、自分以外の人に子育てしてもらうという気持ちに変えてみませんか?

例えば習い事に通わせて、そこでマナーや集団行動を覚えさせる。すると驚くほど成長が見られることも大いにあります。今までいくら言い聞かせてもできなかったことが、すごく短期間でできるようになったりして、驚かされるかもしれません。

自分だけで子育てしようと思わなくて大丈夫です。周りの人と一緒に子育てしていきましょう。子供は、いろんな経験をする中で育っていくものです。

 

「失敗は成功のもと」ということわざがありますよね。子供の様子を見て子育て失敗しちゃったなと思ったときは、失敗したと思う気持ちはひとまず忘れてみましょう。

子育てに失敗した!と思ったあなたは、これからの子育てで成功するチャンスです。「子育ては親育て」なんていう言葉もあります。子供と一緒に自分も育っていくのだという意識を持ってくださいね。

あなたが試せそうな対応策は見つかりましたか?「いい子」を押し付けることなく、子供の個性を尊重しつつあなたらしい子育てをしていけたらいいですね。

 

まとめ

子育てに失敗したと思ったら?

・失敗なんて思わずに子供をしっかり認めてあげる
・子育てをがんばっている自分をほめてみる
・これまで子供に言い過ぎていたなら素直に謝ってみる
・子供の個性を尊重した子育てを心がけてみる
・母親だけで子育てしようと思わないで、みんなの手をかりて子育てする

 


Speak Your Mind