老後も続けられる趣味を持つために考えてほしいこと

老後も続けられる趣味を持つために考えてほしいこと
若い人は老後のことなんて、ましてや老後の趣味のことなんて考えるのはまだまだ早いかもしれませんね。しかし、中高年の方は考えていらっしゃることでしょう。

今の時代、この先何が起こるかわからない世の中です。生活も今の状態が続くとは限らないし、年金もいくらもらえるか不確か。老後が不安でたまらないという方も、先のことなんかその時に考えればいい、今を楽しく生きられればそれでいい、という方もいらっしゃることでしょう。私はどちらかというと後者。

しかし、老後も元気に楽しく過ごしたいとも思っています。そんな老後に趣味は欠かせないものですよね。趣味は楽しめれば何だっていいんです。ただ、周りのお年寄りを見ていて元気な人とそうでない人の違いが少しわかってきました。その違い、そして老後の趣味について考えをまとめてみました。



認知症にならずに元気に過ごすためには

年をとっても認知症を患わずずっと元気でいたい、みんなそう思っていますよね。しかし、現実は65歳以上で認知症の人は400万人以上いると言われています。そしてその数はどんどん増え続け10年後には700万人にも達すると予想されています。

認知症を発症するのは遺伝や生活習慣や病気、性格などいろんな要因があると言われていますので一概にはいえませんが今を楽しんでいるかどうか、毎日の生活に満足しているかどうかが大きいような気がします。趣味を楽しむ、それは老後を元気に過ごす秘訣といえそうです。

 

趣味があっても危うい

楽しめれば趣味はなんだっていい、と思うのですが…

お金も十分あって趣味も多く、毎日出かけていたおばあさんが旦那さんが亡くなった途端にボケてしまった、毎日早起きしてグランドゴルフを楽しんでいたおじいさんが一番仲良くしていた友達が入院したとたんにふさぎ込んでしまった、一人暮らしを満喫していたけれど心配した子供さん夫婦が自分たちと一緒に住むようにと引き取ったらおばあさんに認知症が出てきた、これらはすべて身近な人の事例です。

お年寄りにとって環境の変化は私たちが考える以上に大きなものなんですね。もっともお年寄りでなくても身近な人の死などはなかなか乗り越えられるものではありませんけれど。

 

いつまでも元気でいられる老後の趣味とは

親しい人との別れは若い人は長い年月が解決してくれることもあるけれど老後はそうもいきません。月並みですが老後も前向きに生きていく、ということでしょうか。次は自分の番、などという言い方をされる方が多いのですがまだまだやりたいことがたくさんある、皆の分まで楽しむ、というくらい趣味も人生も楽しんでほしいです。

数か月前マスターズ水泳のシニアの部で世界記録を出したというおばあさんの記事を読みましたがその方はなんと101歳。水泳は80歳を過ぎて始めたというのでオドロキです。しかも105歳までは泳ぎたい、とのこと。また90歳で優勝した人は70歳過ぎてから始めたとか。また90歳になってから本を出版された方もいらっしゃいますよね。勇気をもらえます。

私の父は80歳ですが定年後英語を習い始めました。そしてなんと80歳にして初めてイギリスにいきました。死ぬまでに一度は行きたい、が叶ったのですが帰ってきたらまだ見ていない所もあるし、英語もあまり使えなかったからまた行きたいとのこと。父はまだまだ元気で長生きしそうです。

これらのことから趣味は趣味でも目標や向上心を持ち続けられるものがいいのかな、と思いました。

 

ひとりでも楽しめる趣味と仲間と楽しめる趣味

ひとりでも楽しめる趣味には読書や洋裁、手芸、パズル、釣り、音楽鑑賞、映画鑑賞、ウォーキング、料理、家庭菜園などがありますよね。まだまだたくさんありそうです。片や仲間と楽しめる趣味はスポーツや習い事、旅行、囲碁や将棋、ショッピングなどでしょうか。ショッピングはひとりでもいいですが。

ひとりで楽しむ趣味と仲間と楽しむ趣味、持つとしたらどちらがいいのでしょう。働いている間、またはまだ老人というほどでもないのならどちらでもいいと思うのですが70代、80代になったらひとりでも楽しめる趣味を持っていた方がいつまでも元気でいられるような気がします。もちろん、どちらもあればより楽しめそうですが。

と同時にチャレンジ精神も併せ持つと最強。ちょっとした趣味、ウォーキングやガーデニングなどにも―例えば、いつもすれ違う人と仲良くなって一緒にお茶を飲む、とか自分で作ったお野菜や花を誰かにプレゼントするなどー取り入れるといいのではないでしょうか。

 

生きていれば誰にも平等に確実にやってくる老後。不安なのは健康よりもお金、生活していけるかどうかという人が一番多いようです。なので少しでもお金になる趣味は理想的ですよね。今のうちにそんな趣味を考えてみるのもいいかもしれません。

趣味ではなくても専業主婦なら当たり前のようにやっている掃除や料理などの家事、苦手でも長年の経験は無視できませんよ、その気になれば教えることだってできてしまいます。最近、コンビニやファーストフード店にも高齢の方たちが働いているのをよく見かけます。みんな生き生きと仕事をされていますよね。仕事が趣味、これがいつまでも元気でいられるなによりの秘訣かもしれません。

 



Speak Your Mind