七五三、母親の服装を選ぶ際のヒント集と注意点

七五三、母親の服装を選ぶ際のヒント集と注意点

11月15日は七五三ですね。うっすらと化粧をしてきれいな着物やワンピースでうれしそうな女の子、着物やスーツ姿の凛々しい顔の男の子。手にはみんな千歳あめ。

七五三のお参りで見かける光景ですが、ではいったい七五三はいつ始まったのでしょう、なぜ男の子は5歳で女の子は3歳と7歳にお参りするのでしょう。千歳あめを持っているのは何故なんでしょう?

ずっと以前から当たり前に続いている行事だけど案外知らないことって多いですよね。

もうすぐ七五三、子供の着る服は決まっているけれど自分の分はまだこれから、というお母さんもいらっしゃることでしょう。自分の着る服って後回しでなかなか決まらないんですよね。

そこで今回は、七五三のお参りの母親が服装を選ぶ際のヒントとお参り当日の注意点もあわせてお伝えします。



 

七五三、母親の服装を選ぶ際の
ヒント集と注意点

 

七五三とは?


七五三は子供の成長を祝って神社やお寺にお詣り(お参り)する行事です。江戸時代に始まったと言われています。昔は子供のころに亡くなることが多かったため、3歳、5歳、7歳まで無事に成長したことを喜び、その後もすくすくと育ってくれるよう神様にお詣りしました。

男の子は5歳で男と、そして女の子は7歳で女と認められていたそうです。昔は3歳は男の子も女の子もどちらともお詣りしていましたが今では女の子の方が3歳もやるところが増えてきました。

千歳あめは細く長くいつまでも元気で長生きしてほしいという長寿の願いが込められています。

 

兄弟もいっしょなら動きやすい服装で


七五三のお詣りには家族全員で行きますよね。兄弟がいるところは子供が二人一度に七五三ということもあれば、ひとりだけということもあるかと思います。

どちらにせよ、ひとりだけのときより親はずっと大変。なので兄弟がいるならパンツスーツでローヒールなど動きやすい服装がおススメです。

 

着回しできるものを選ぶ


今年もやってまた来年も七五三なんてとき、七五三に限りませんがトップス、ボトムス、アクセサリーなどなど着回しできる服がおススメ。組み合わせを変えるだけで全く違うコーディネイトが楽しめます。

流行に左右されない定番で良い素材の服をこの際揃えておくのもいいですね。

 

レンタルもあり


あいにく良い感じの服を持ち合わせていない、買うのはちょっと…という時にはレンタルが便利です。ネットで家に居ながらにして簡単に借りられるので使わない手はないですよね。

たくさんありますので気に入った服があれば着物でもスーツでもレンタルするのもおススメです。

 

主役は子供


とはいえ、七五三の主役は子供です。子供よりも目立つ華美な服装は控えましょう。子供より一ランク格を落とした服がおすすめです。落ち着いた感じの服を選んでください。子供は着物、大人はスーツが一般的です。



 

夫婦の服は同格で


主役の子供以外の服は同格のものにしてください。子供とお母さんだけよそ行きでお父さんはジーパンとシャツなどはNG。記念写真は前もって撮ったし、主役は子供だから子供だけ着物着せておけば親は普段着でもいいかな、というのもNGです。

神社へ行って、神様にお参りするのにカジュアルすぎる服はマナー違反になりますのでご注意を。

 

お参り当日の注意点


もしも七五三の当日に着物の着付け、髪のセット、写真館での記念撮影、お参り等一日ですべてをする予定なら子供が疲れないような配慮は必須です。

最初はきれいな着物を来てうれしくて、はしゃいでいる子供たちも疲れてくるとぐずってしまい、手を焼いてしまうこともしばしば。メインのお参りするころにはぐったり、なんてことにならないように気をつけてあげましょう。

また、途中で食事をしたときについうっかり飲み物を着物にこぼしてしまった、というときのためにハンドタオルや予備のハンカチを持っていくことをおすすめします。

もし、こぼしてしまったら応急処置としてすぐに乾いたハンカチで水分を吸い取ってくださいね。もしもシミが目立つようであればそのあと、固く絞ったタオルでたたくようにシミの部分を押さえてください。そのとき着物の裏側に乾いたタオルを置いておくとそちらにシミが移るのでベストです。

 

いかがでしたか。

旧暦の15日は縁起の良い日とされていて、七五三も11月15日にお参りするのが以前は一般的でしたが今は特にその日にする必要はなく、11月の都合の良い日にする人が多くなってきました。また寒冷地など11月は寒いので1か月早めて10月にする地域もあるようです。都合の良い日を選べるのはありがたいですよね。

七五三の日に全部はさすがに親子とも大変なので記念撮影だけは前もってやっておく、というご家庭も多くなりました。平日なら料金も安く設定されているところも多いようなのでそんなところを賢く利用するのもいいですね。

今はスマホのカメラの性能も良いので、自分でもきれいな写真がたくさん撮れるのでありがたいもの。

七五三の当日まで特にお母さんはいろいろと準備が多くて大変ですが、準備だけでなく出費も多く何かと頭を悩ませるのではないでしょうか。

しかし、子供の一生に一度の行事です。家族の記念になること間違いなし、なので準備万端整えて当日を迎えてくださいね。お天気にも恵まれると良いですが、雨が降ってもいいように雨対策もお忘れなく。

 

まとめ

七五三の知識と母親の服装を選ぶ際のヒント

・七五三は子供の成長を祝って神社やお寺にお詣り(お参り)する行事です
・兄弟もいっしょならパンツスーツにローヒールなど動きやすい服装で
・着回しできる服を選ぶ
・レンタルを賢く利用
・主役の子供より1ランク格を落とした服装がベスト
・夫婦は同格で、お参りに普段着はNG
・その他雨・汚れ対策もぬかりなく

 


Speak Your Mind