寒さ対策☆赤ちゃんにスリーパーを購入するときの5つの注意点

寒さ対策☆赤ちゃんにスリーパー、購入する際の5つの注意点

寒くなりましたね。赤ちゃんのいるご家庭では寒さ対策にもいろいろと頭を悩ませているのではないでしょうか?あたたかいスリーパー、今回は赤ちゃんにスリーパーを着せるときの注意点についてまとめてみました。

まずそもそもスリーパーってなんでしょう?そのまま訳すと『sleep』が眠るだからスリーパーは眠る人って意味、だから寝巻きって考えるのが一般的だけど赤ちゃんのスリーパーといえばその寝巻き、パジャマや肌着の上に着せるゆったりとした大き目のベストのようなものですね。寝るときだけではなく部屋着としてもお出かけ時にも活用できます。では、早速注意点について述べてみます。



寒さ対策☆赤ちゃんにスリーパーを
購入するときの5つの注意点

 

軽くて薄手のものを選びましょう


寒いから、とつい厚着をさせてしまいたくなりますがちょっと待って。

赤ちゃんは大人より体温が高め。大人より1枚少ないくらいがちょうどよいといわれています。厚手のものや重いものを着せて赤ちゃんの動きをさまたげないように気をつけましょう。またフリース素材は軽くてあたたくて便利ですが、もしかしたら暖かい部屋では暑すぎるかもしれません。赤ちゃんの機嫌が悪いときには暑すぎるのが原因かもしれないので気をつけてくださいね。

 

通気性のよいものを選びましょう


赤ちゃんは汗っかき。せっかく暖かいものを着せても通気性が悪いと汗をかいた部分が冷たくなって、赤ちゃんに風邪をひかせてしまう原因になります。通気性の良い素材の服を選びましょう。

 

動きをさまたげないものを選びましょう


冬場、眠っている赤ちゃんの手や足がとても冷たくてびっくりした経験があるママも多いのではないでしょうか。でもこれはごく普通のこと、血行がよければ大丈夫。冷たいからといって手も足も全部覆ってしまっているものを着せると赤ちゃんは動けません。赤ちゃんはたくさん動いて大きくなります。動きをさまたげないものを選びましょう。

 

長く使えるものを選びましょう


赤ちゃんはすぐに大きくなります。ぴったりサイズだとすぐに小さくなって着られなくなってしまうかも。0歳~2、3歳まで長く使えるものを選びましょう。月例に合わせて形を変更できる2wayスタイルの物などおすすめです。

 

洗濯できるものを選びましょう


肌着などのように毎日洗う必要はありませんが、汚れたらさっと洗えるように洗濯できるものを選びましょう。今は羽毛のスリーパーでも洗えるものがたくさん出回っていますが、果たして赤ちゃんに羽毛のスリーパーが必要か、となると上記の理由からそうとも思えません。

 

いかがでしたか。

赤ちゃんは言葉がまだしゃべれないので厚すぎたり寒すぎたりしても泣いて訴えるしかありません。でも基本、機嫌がいいなら大丈夫。今はお腹側と背中側の素材が違う便利なスリーパーもあります。赤ちゃんにあったスリーパーで寒い冬を乗り切って下さいね。

 

まとめ

寒さ対策☆赤ちゃんにスリーパーを購入するときの5つの注意点

・軽くて薄手のものを選びましょう
・通気性のよいものを選びましょう
・動きをさまたげないものを選びましょう
・長く使えるものを選びましょう
・洗濯できるものを選びましょう



Speak Your Mind