お中元の時期はいつ?地方による違いや由来等お中元豆知識

お中元の時期はいつ?地方による違いや由来等お中元豆知識
お中元の時期が近づいてくると、誰にどんなものを贈るか悩みますよね。お中元は、日頃お世話になっている方々にお礼や感謝の気持ちを込めて贈るものですが、贈り先は、親戚や仲人や義理がある人、恩師や会社の上司や離れている両親など、今は1人平均5件は贈るという統計があるようです。

遥か昔の室町時代は、上層階級の人が上司に贈り物をしたり、商人が商売先やお世話になった人に贈る習慣がありました。それが江戸時代になってから、一般の庶民にも贈り物をするといったような風習が広まりました。

明治30年代には、百貨店やデパートでお中元セールをやるようになりお中元はしっかり定着しました。7月15日の旧盆の頃にお供え物としてお中元を贈ることもあり、地方によってはお中元とは言わずに「盆供(ぼんく)」「盆礼(ぼんれい)」と呼んでいるところもあります。

そんなお中元は、お礼や挨拶の意味合いを込めて贈りますが、「お中元」という言葉の由来はどこからきたのか、いつ贈るのか、その土地での違いはあるのでしょうか。そこで、ここではお中元の時期や地方による違い、由来等お中元豆知識をご紹介します。

[Continue Reading…]