あなたは大丈夫?子離れできない親予備軍に共通する特徴

あなたは大丈夫?子離れできない親予備軍に共通する特徴

あなたは子離れできない親ですか?それともあなたの親が子離れできない人ですか?

個人的には子供が小さなうちはいくらでも手をかけてあげてほしいですね。私はかければかけるほど大きくなってからはかからないと思っています、と言えば誤解が生まれそうですね。手をかけるといっても過保護、過干渉にといっているわけではないです。子供に手をかけるとは子どもが親を必要としている、その欲求にこたえてあげるこということ。

求めていないときにかけるのが過干渉です。子供が親を求めていないときはほっといて求めているときにそれに応じる。手をかけるというよりちゃんと向き合うということ。ただし、求めているからといって何かモノを買い与えるのはただの甘やかし。欲しいものをもらって満足してもまた別のものがすぐに欲しくなる、それがモノですから。ママとは全然違います。

話がずれましたが子供が親を常に求めるのって小さな頃だけですよね、後はごくたまに、その先は親よりお金というか・・・子供が成長して大人になってもう親を求めていないのに構いすぎるのが『子離れできない親』ですね。そして成人しているのになんでも親を頼ってくる子供は『親離れできない子ども』でしょうか。

『親離れできない子ども』にしてしまうのも親ですからね、当たり前ですが親には子どもに対する責任があるんですよ。そんな『子離れできない親』になる要素をはらんでいる親の共通する特徴をまとめてみました。

[Continue Reading…]