適応障害の子どもへの接し方、親にできる対応あれこれ

適応障害の子どもへの接し方、親にできる対応あれこれ

適応障害といえば皇太子妃雅子さまが診断されたことで一般的にも知られるようになりましたね。大人社会では大きなストレスで適応障害になりその後うつなどへ発展したり病気になったりする人も大勢います。

その点子どもは順応性、適応性も大人よりずっとありますので適応障害の子どもは少ないように感じられます。がそれでも最近は子どもにも多くみられるようになってきました。その一番大きなものが不登校です。

もっとも不登校の子どもたちが皆適応障害というわけではなく他の障がい、例えば発達障害であったり、摂食障害であったり、回避性パーソナリティ障害であったり、また障害とまではいえないものもあるでしょう。ここでは、適応障害と思われる子どもへの接し方について述べてみます。

[Continue Reading…]