日本の離婚の理由男女別トップ10とそれについて思うこと

日本の離婚の理由男女別トップ10とそれについて思うこと

昔は離婚と言えば芸能人の専売特許のようで一般人にはあまりなじみのないものでした。しかし、今や結婚したカップル3組のうち1組は離婚すると言われているほど多いものになっています。

統計上も結婚人口1000人当たりの離婚率が1970年は10%未満だったのに対し2013年では35%。1970年は結婚する人も多く約100万組でしたがそのときがピークでそれ以降徐々に減少し2013年は約66万組となりました。

日本の人口が減ってきているのももちろんですが、一生涯結婚しないという人が増えている、ということでもあるのでしょう。結婚、離婚、独身。どれを選ぶのも当人たちの自由という良い時代になりました。しかし、望まないけれど止む無くというのは辛いですね。

その最たるものが離婚でしょう。では離婚するに至った理由とは何でしょう。2012年の司法統計を元に男女別のトップテンをあげてみました。離婚した人、したい人この中の理由、当てはまりますか。

[Continue Reading…]