主婦でも家で稼げる!ネットでできる仕事5選

主婦でも家で稼げる!ネットでできる仕事5選

昔は、家で主婦がお金を稼ぐ仕事といえば「内職」などの手仕事が中心でしたが、今はネットを使った仕事が多くなりましたよね。親の介護や育児等、家の事情で外に出られない人のニーズに答えるように、家でできるさまざまな仕事がネット上にはあります。自分の得意な分野、知識や経験、または趣味を生かせるものなどいろんな仕事があります。

初心者でも大丈夫な仕事もありますから、ちょっと苦手なことでも積極的にやってみると案外向いていると思えるかもしれません。ただし、ネット上でのやりとりなので信頼できる企業かどうかはしっかり確認ください。ただ、高額な登録料を請求するサイトも以前はありましたが最近は無料で登録できるところが増えてきましたので、まずはそんな初期費用がかからないサイトに登録してみるといいですね。

またパソコンも以前よりだいぶ安くなりましたし、スマホやタブレットでもできる仕事もありますので在宅で出来る仕事の選択肢も広がってきたように思います。さて、そんなネットでできる仕事ですが一体どんなものがあるのでしょう。まとめてみましたので参考にしてくださいね。


 

1.仕事の内容が幅広いデータ入力

一口にデータ入力といっても、依頼する企業によってその仕事内容はさまざまです。例えばアパレルメーカーだと在庫品のデータ入力や、売り上げをグラフにする表作成、印刷会社だと手書きの文字をワードやエクセルで入力したり、テープ起こしといって、会議や会合等で録音されたテープを聞いて文字にする仕事。また、いろんな施設の住所や電話番号などを入力する仕事もあります。

データ入力は受注してから納期までの期間が短いところが多いので、一時間でどれだけ入力できるかが鍵です。もちろん、早さだけではなく、正確さも求められます。タイピングが得意な人には向いている仕事といえますが、単調なだけに粘り強さも必要。

そんなデータ入力の仕事ですが、もし始めるとなったら最初のうちは納期より早めに納品したほうがいいかもしれません。企業では一つの仕事を数人に分けて依頼していることが多いので、他の人より早めに納品すれば残りの仕事を再度依頼してもらえる可能性が高くなりますよ。

 

2.空いた時間に出来るWebライター

Webライターはパソコンのワードやエクセル等を使って文章を作る仕事です。ライティングとも言います。企業から指定されたテーマやキーワードに沿った文章を書いたり、社会の背景などを参考にしたコラムを作ったり、トレンドの記事やメルマガを書いたりする仕事です。文章を作るのが好きな人には最適ですね。社会全般いろんな事に興味がある人、文章を書くのが得意な人におすすめです。

仕事内容によっては自分で調べることもたくさんありますが、他のサイトからのコピペなどは厳禁。あくまでも自分の言葉で文章を作ることが大事です。Webライターの仕事も納期をきちんと守って企業との信頼関係を築ければ、次の仕事につながる可能性があります。一つ一つの仕事を誠意をもってやってくださいね。

 

3.アンケートやモニター

企業が商品を開発するにあたり、一般の人の意見を聞いたり、新商品の使い心地を試したりなどアンケートやモニターの仕事もあります。「無料モニター」や「アンケートモニター」などで検索すると募集中のサイトがたくさん出てきますよ。報酬はポイント制のところが多いですが、現金にできるところもあります。こちらも毎回しっかり答えていくとどんどん依頼が来るようになりますのでちょっとしたお小遣い稼ぎには最適です。

ネット上で答えるだけの簡単なものから、わざわざ企業まで出向いてインタビューを受けるといったアンケートもあります。出向くアンケートでは、現地で直接報酬を頂くことが多いようです。また無料や格安で商品のお試しをするモニターもあります。自分の声が反映され、商品化されたものがCMで流れると嬉しいですよ。

 

4.オリジナルビーズアクセサリーのネットオークション

自宅にある不用品をネットオークションで売ったことがある人もいらっしゃると思いますが、今若い人に人気があるのが、ビーズを使ったアクセサリーを作ってネットオークションで売る方法です。細かい手作業が得意な人に向いていますよね。ビーズの材料もまたネットオークションで落札し、それを使ってオリジナルのビーズアクセサリーを作って販売する、という人も多いようです。

ネットオークションに出品するには、アクセサリーを作るだけではなく、文章の書き方や商品の撮影等にも工夫が必要です。最初は難しく感じるかもしれませんがやっているうちにコツがつかめてきます。また、発送も自分でやらなければならないので、少し手間がかかりますが、気に入ってもらえると同じ人が何度も買ってくれるなどリピーターさんも増えてきます。自分が作ったものが売れるとやりがいを感じますよ。

 

5.素人でも出来るデザイン作成

もともと芸術系の学校を出た人ならさほど問題なくできる仕事かもしれませんが、まったくの素人でも絵を描くのが好きな人なら出来る仕事です。デザインの仕事には、ホームページに載せる背景やサイトのネーミングに合わせたロゴ、バナー、イメージキャラクターの作成などがあります。

デザインした自分の作品をコンペ(複数人に作品を提出してもらい評価を競うこと)に出すという形もあります。デザインを描くとなると専門知識が必要に思えますが、そうでもないんですよ。初心者のほうが斬新なデザインが生まれるやすいということで、素人OKのところもたくさんあります。何度でも挑戦できるので、絵を描くのが好きならあきらめずにチャレンジを続けているとそのうちまとまった仕事が来るかもしれません。

 

以上、在宅でネットを使ってできる仕事をご紹介しましたが、いかがでしたか。

少し前までアウトソーシングという仕事スタイルが流行っていましたが、今やクラウドソーシングが急成長。受注する側は資金やスキル等を全く必要とせずに手軽に登録できるし、依頼する側の企業や個人はネットを使って業務を簡単に外注できる、特にネット上ですべて完結するのが大きな魅力です。

クラウドソーシングのサイトは数多くありますが、クラウドワークス、ランサーズ、シュフティーなどが有名なので、調べてみてくださいね。上記にあげた仕事もネットオークション以外はすべてこれらのサイトで見つけることができますし、思った以上に簡単に始められますよ。

最後に、自宅でする仕事は、自分の自由な時間にできるというメリットはありますが、ネット上でのやり取りとはいえ人と人との関係はリアルと同じ。信頼関係を作るにはしっかりした対応が必要になります。受けた仕事はきちんと最後までやって納品するのは当然ですが、もし中断せざるを得ないような時や、納期を守れない状況になった時は早めに連絡するようにしましょう。

それだけで相手のこちらに対する印象がよくなりますよ。また、少しの仕事でもきちんと対応すれば、必ず次の仕事につながっていきますので、まずはできそうな仕事から始めてみてくださいね。

 

まとめ

在宅でできるネットを使った仕事

・依頼する企業が多岐に渡るデータ入力
・空いた時間に出来るWebライター
・アンケートやモニター
・オリジナルビーズアクセサリーのネットオークション
・素人でも出来るデザイン作成

 


Speak Your Mind