実家依存症かも、と思ったら!解消する5つの方法 

Pocket

実家依存症かも、と思ったら!解消する5つの方法 

結婚して夫婦だけの暮らしをスタートさせたとき、実家が近くにあるのはとてもありがたいですよね。特に子どもが生まれてからは、いざというときにすぐに頼れる心強い存在です。

しかし、近すぎるゆえにすぐに頼ってしまうのは考えもの、あまりにも実家に帰るのが頻繁だと実家依存症と言っていいかもしれません。

自分の知らないところで夫がストレスを感じていたり、そのことが原因で離婚を考えるようになっているケースが最近増えているのです。そうなっては困りますよね。

実家とも遠からず近からず程よく協力しあえる関係でありたいもの。そこで今回は、妻が自分の実家に頼りすぎる実家依存症を解消する方法をまとめてみました。ぜひ参考にしてください。



 

実家依存症かも、と思ったら!
解消する5つの方法 

 

まずは認める


実家依存症を解消したいのであれば、まずはそのことを自覚して認めるところから始めてください。本来、夫婦で協力すべき部分を頻繁に実家に頼っているのなら、実家依存症の可能性大です。

例えば
・毎日のように顔を出す
・夫よりも母親に相談することの方が多い
・用もないのに毎日電話する
・夫の言うことよりも親の言うことの方を聞く
・夫が出張や遅くなる時は実家に泊まる
・出かけるときにはいつも子供を親に預ける
・家計の足しにとお小遣いを頻繁にもらう、などなど

いくつあてはまる項目があったでしょうか。

子どもを連れて行ったら親も喜ぶ、実家依存症ではなく親孝行、と言いたいところもあるかもしれませんが、もし、いくつも当てはまるのであれば実家依存症と言っていいでしょう。

特に夫が家にいるのに放っておいて実家によく行くのであれば間違いなく実家依存症です。

 

夫に聞いてみる 


夫はあなたと実家の両親との関係をどのように思っているのか聞いてみたことがありますか。「夫はきっと何とも思っていないはず」「大目に見てるはず」などという思い込みは危険です。

夫婦なので聞かなくてもわかる、と思うものですが何年たっても相手の思っていることなどわかるものではありません。相手の気持ちは実際に聞いてみるのが一番確実です。

もしも、実家に依存し過ぎと言われたらそれを素直に受け入れましょう。そして解消するための努力をしてほしいと思います。実家も大切ですが結婚しているのであれば、やはりいちばん大切なのは夫婦の関係、旦那さんです。

 

何に一番依存しているのか考えてみる 


実家に依存しているものは何でしょう。いくつかあるのであればその中で一番依存しているものを考えてみてください。

精神的なものでしょうか、それとも経済的な依存でしょうか。その部分を解消する、または半分にすると決めてみてはいかがでしょうか。

 

実家の負担を確認する


実家の親にとって我が子はいくつになってもかわいいものです。頼られると少し負担を感じてもなんとかしてあげようと思ってしまいます。自分からは負担になっているなんて言わない親が多いもの。

聞いてみてもなかなか本音はいってくれないものなので、実家のお母さん以外の家族に聞いてみてください。また経済的な依存であれば1か月にいくらもらっているのか金額をしっかりと出してみましょう。



 

夫や義父母の立場に立ってみる 


もしも自分ではなくて夫が実家依存症で実家にばかり帰っていたらどう思うか、または子供が大人になって結婚したのに自分のうちにばかり戻ってきたらどう思うか考えてみましょう。

きっと大人になったのに自立していない、と思うのではないでしょうか。自分の子供が実家の自分のところにばかり帰ってきたら、娘の夫に対して申し訳ないと思いますよね。

またもしも男の子がいるのであれば、将来結婚して息子の妻が自分の実家にばかり帰っていると思ったら悲しくなってしまいますよね。

 

実家以外に目を向ける 


実家が近いのでつい頼ってしまう、ならばすぐには帰れないようなところに引越せば頼らずに済む、そんな強硬手段が実行できればいいですが、そう簡単にはいきませんよね。

なので実家のお母さんに頼っている部分を他で代用できないか考えてみましょう。

精神的な依存であればボランティアや習い事などで友達を作ってみる、経済的な依存であればパートや自宅でできる仕事を探してみる、など考えてみてください。

 

自分の家庭を居心地の良い場所にする 


実家依存症になってしまうのは実家が居心地がいいからですよね。それならば家庭を実家以上に居心地の良いところにしてみましょう。それができるのは妻であり、母であるあなただけ。

この際なので実家のお母さんに強力なアドバイザーになってもらいましょう。家族との関係、やりくり、家事等をうまくやる秘訣を聞いてみましょう。

実家のお母さんだけではなく、お義母さんにも聞いてみると夫もお義母さんも喜んでくれますよ。そして夫と協力しながら最高の家庭を作り上げていってください。

 

いかがでしたか。

実家依存症になるくらい実家が居心地が良い、親子の仲が良いというのは、親が大嫌いでたまらない人たちからするとうらやましいですよね。

親子の仲が良いのは本当にとても良いことですが、自分の家族が第一という優先順位はしっかりと守ってもらいたいものです。

でも、実は自分で実家依存症を疑い、何とかしようと思うのであれば半分はもう解決したようなもの。なぜならちゃんと自覚があるからです。難しいのは本人に全く自覚がなく、夫や周りから言われても認めない人。

そんな人の場合は夫が妻の実家に援助を控えてほしいと協力を求めるのがいいのかなーと思います。難しそうですが一番大切な家族が仲良く暮らすためにも試してみるだけの価値はありますよ。

 

まとめ

実家依存症かも!と思ったら

・まずは認める
・夫に聞いてみる
・何に一番依存しているのか考えてみる
・実家の負担を確認する
・夫や義父母の立場に立ってみる
・実家以外に目を向ける
・自分の家庭を居心地の良い場所にする

 


Pocket

Speak Your Mind